ボッシュ製センサ使用の空燃比計について


 ボッシュ製のセンサを使用するタイプの空燃比計が最近多く出まわり始めましたが、Freedom Computerの空燃比計連動機能用には使用できない事が判明致しました。
 空燃比計連動機能に使用する(または、将来使用する事を考えている)場合はご注意ください。
 なお、FC−03Zの場合、新機能のアドバンスモードを活用する事で使用できる場合もありますが、空燃比フィードバックの性能を落として使う事になる為、あまりお薦め致しません。

理由

・ボッシュ製センサは耐熱温度が500℃と低いため、専用のヒートシンクを使用するか、エンジンから離れた位置に付ける必要があります。しかし、いずれの場合も反応遅れが増大するため、排気流速が遅い軽負荷条件で正常な空燃比フィードバックが行えません。
・耐熱温度が高くなったタイプでも、センサの排気流入穴が少ないため、同様の現象が発生する恐れがあります。